環境創生部門 社会基盤・防災コース コンクリート工学研究室(小澤研)が、日本コンクリート工学会年次大会2017(仙台)で開催されたキングオブコンクリート ポスター部門で優勝しました。

 コンクリート工学研究室(小澤研)の学生が、2017年7月12-14日に仙台市で開催された日本コンクリート工学会年次大会2017のキングオブコンクリートに出場しました。参加チームは24大学28チームでした。今年のテーマは、コンクリートで鍵盤打楽器(コンクリート琴)を作製し、楽器性能部門、演奏部門、曲げ強度部門、ポスター部門を競うものでした。本研究室では、高強度モルタルに天然繊維のジュート繊維を混入した鍵盤を作製し、400℃で加熱することで、鍵盤の内部に空洞を形成し、音色をコントロールするアイデアを考えました。このアイデアでポスター部門に出展したポスターが優秀と認められ、最多得票数を集め、優勝することができました。ちなみに、性能部門は9位、演奏部門は6位でした。研究室の学生は、コンクリート琴の作製を通して、コンクリートの新たな可能性に挑戦することができました。この経験を、今後に活かしてもらいたいと思います。
(文責:環境創生部門准教授 小澤満津雄)

小澤研の学生たち


木琴ならぬコンクリート琴


会場