高イオン伝導度を示すガラス固体電解質の非結晶状態を解明しました(プレスリリース)

群馬大学の森本 英行准教授と、大阪府立大学の塚崎 裕文研究員、森 茂生教授、林 晃敏教授、辰巳砂 昌弘教授らは、JST戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発・特別重点技術領域「次世代蓄電池」(ALCA-SPRING)の一環として、全固体電池への応用が期待されている固体電解質材料、ガラスおよびガラスセラミックスにおける非結晶状態の直接観察に初めて成功しました。本研究成果は、次世代全固体リチウム電池の実用化に大きく貢献するものです。

◆詳細はこちらをご覧ください。→プレスリリースの詳細へ